SDGsとはどんなもの?働く女性がどう関われるか紹介

SDGsとはどんなもの?働く女性がどう関われるか紹介

SDGsという言葉は、まだまだ世に浸透している途中です。 まずは、SDGsとはどんなものなのかを知りましょう。 働きながらSDGsに関わる女性についても、併せてご紹介します。
SDGsという言葉は、まだまだ世に浸透している途中です。まずは、SDGsとはどんなものなのかを知りましょう。

働きながらSDGsに関わる女性についても、併せてご紹介します。

1.SDGsとは?

SDGsとはSustainable Development Goals(持続可能な開発目標)の略称で、2015年の国連サミットで掲げられた目標です。

国連の加盟国が2016年から2030年に達成したい17個の目標で構成されています。

2.働く女性とSDGsの関わり

日本の企業の中でも、SDGsは注目を集めています。

働きながら海外のシングルマザーを支援すべく、海外特有の色柄を活かした手作りのバッグなどを日本の店舗で販売している女性が過去日本のメディアで取り上げられました。

そのほかにも、SDGsの目標にある環境や社会性などに配慮した企業に積極的に投資を行う投資家の女性もいます。

3.自らの経験を活かした取り組みを心がける

SDGsを意識することは、どんな人でもできます。SDGsの中には、海の自然を守る、住みやすい街づくりをする、ジェンダー平等を目指すなど、身近なことも含まれています。

人々が豊かな心を育める未来のためにも、自分が取り組めるものを意識して行動しましょう。


SDGsの17の目標は、難しいものばかりではありません。人々が日々の生活の中に取り入れやすいものも含まれています。

自分には何ができるか、どの項目であれば取り組みやすいのか目標をチェック!働きながら意識改革をして、ワンランク上の高い意識を身に着けましょう。
TOP