お化粧初心者必見!ベースメイクの使い方を知ってお化粧を楽しもう

お化粧初心者必見!ベースメイクの使い方を知ってお化粧を楽しもう

ベースメイクは化粧下地ともいわれており、お化粧をする前の最初の土台を指します。ベースメイクは塗ればよいというわけではありません。塗り忘れなどがないよう、しっかりと確認することが重要です。今回は、ベースメイクの基本的な塗り方をご紹介します。
ベースメイクは化粧下地ともいわれており、お化粧をする前の最初の土台を指します。

ベースメイクは塗ればよいというわけではありません。塗り忘れなどがないよう、しっかりと確認することが重要です。今回は、ベースメイクの基本的な塗り方をご紹介します。

1.指先を使って、顔全体にクリームを伸ばす

まず、ベースメイククリームを指の腹に出します。出し過ぎないように注意しましょう。

クリームは、顔の内側から外側に向かって塗ります。ムラがないように注意して、しっかり塗ってください。

2.細かな部分の塗り残しをチェック

目の周辺やほうれい線、小鼻周辺などの塗り残しがないかを確認します。塗り残しがあると、化粧ムラの原因になるのでしっかりチェックしてください。

3.生え際などをぼかして完成

ベースメイクは、比較的しっかりとした色がついています。顔だけにベースメイクを塗りこむと、顔だけが浮いた印象になるかもしれません。

それを防ぐためにも、生え際やフェイスラインを少しぼかして自然な仕上がりになるよう一工夫しましょう。


ベースメイクをしっかりと塗ると、メイクのノリもよくなります。お化粧をする土台の部分でもあり、肌をメイクからの刺激から守る機能も担っています。

お化粧ノリもよくなるので、しっかりとベースメイクができるようになっておきましょう。
TOP