「ヒトサイタイ間葉幹細胞順化培養液」の特徴と効果

「ヒトサイタイ間葉幹細胞順化培養液」の特徴と効果

再生医療で話題の幹細胞を活用した「ヒトサイタイ間葉幹細胞順化培養液」を知っていますか?エイジングケアとして人気を集めている幹細胞培養液の中でも、特に嬉しい効果があるとされています。 最先端の幹細胞コスメなどに使用されている成分なので、どのような効果や特徴があるのかチェックしてみましょう。
再生医療で話題の幹細胞を活用した「ヒトサイタイ間葉幹細胞順化培養液」を知っていますか?エイジングケアとして人気を集めている幹細胞培養液の中でも、特に嬉しい効果があるとされています。
最先端の幹細胞コスメなどに使用されている成分なので、どのような効果や特徴があるのかチェックしてみましょう。

「ヒトサイタイ間葉幹細胞順化培養液」とは

「ヒトサイタイ間葉幹細胞順化培養液」とは、ヒトの臍帯(サイタイ)から抽出した「間葉系幹細胞」を数日間培養したものです。

臍帯とは、赤ちゃんを育てる栄養を運ぶ「へその緒」のこと。

間葉系幹細胞とは、分化作用を持ち、臍帯や脂肪組織・骨髄に少しずつ含まれている細胞です。ヒトの体から抽出されるものですが、培養液を作る際は滅菌処理して上澄みの綺麗な部分を使用するので、衛生面にも配慮されています。

幹細胞培養液にはヒトサイタイ由来の他にも、骨髄由来のものや脂肪由来のものなどいくつかの種類がありますが、赤ちゃんを育てるための良質な成分が豊富に含まれているヒトサイタイ由来のものは、他の部位の幹細胞よりも高い効果があります。

その嬉しい効果や特徴をそれぞれ詳しく見ていきましょう。

整肌因子が多い

幹細胞培養液の中でも、ヒトサイタイ間葉幹細胞順化培養液が最も成長因子(整肌因子)が多いと言われています。

ヒトサイタイ由来のものは元々赤ちゃんのスムーズな新陳代謝などのために働いている幹細胞なので、大人の脂肪や骨髄などから採取するよりも多くの成長因子(整肌因子)が含まれているのです。

しかし、ヒトサイタイ由来の幹細胞は入手困難で貴重なので、日本では脂肪由来のヒト幹細胞コスメが多く流通しています。ヒト脂肪由来の幹細胞培養液も優秀ですが、ヒトサイタイ間葉幹細胞順化培養液のほうが再生因子も濃度が数百倍高くなっています。

ちなみに、この「再生因子」は成長因子(整肌因子)や成長ホルモンなどを含む一体型成分で、衰えた細胞の修復などをするものです。「成長因子(整肌因子)」は細胞の成長や増殖を促す物質で、これが多いほど肌の修復力が上がり美肌をサポートしてくれます。
どちらの因子もヒトサイタイ由来の方が豊富に含まれているので、幹細胞コスメを選ぶ際はヒトサイタイ由来のものを選ぶのがおすすめです。

肌の修復・新陳代謝をスムーズにする

ヒトサイタイ間葉幹細胞順化培養液は、成長因子(整肌因子)だけではなく肌の修復・再生にアプローチする「ペプチド」や、細胞増殖の促進や治癒力をアップさせる「エクソソーム」も豊富です。元々へその緒から採取されたものなので、赤ちゃんの肌修復力や新陳代謝のペースに近づける効果が高いのです。

そもそも間葉系幹細胞は、分裂して体中の新陳代謝や修復などの役割をしています。しかし、分裂するときに劣化して分裂能力が衰えていくので、年齢とともに肌の修復力は弱くなってしまいます。

ヒトサイタイ間葉幹細胞順化培養液は、その衰えてしまった修復力や乱れた新陳代謝にアプローチしてくれるのです。また、肌細胞を活性化させる効果もあるので、肌細胞の衰えによる悩みの根本改善にも繋がります。そのため、日常で使うスキンケア商品だけではなく、皮膚保護剤や美容治療などにも利用されています。


このように、ヒトサイタイ間葉幹細胞順化培養液には嬉しい特徴や効果がたくさんあります。細胞そのものに働きかけるので表面的な効果だけではなく、悩みの根本から改善に導いてくれるのです。

今までなかなか改善しなかった悩みがあるなら効果のあるケア商品に変えてみるのも1つの手です。話題の幹細胞コスメを選ぶ際は、ヒトサイタイ間葉幹細胞順化培養液が配合されているものを選んでみてください!
TOP