ヒト幹細胞培養上清液とはなんのことを指すの?特徴や効果とは?

ヒト幹細胞培養上清液とはなんのことを指すの?特徴や効果とは?

近年医療や美容効果で注目が高まっている「ヒト幹細胞」、1度は聞いたことがありませんか?からだの医療に対する治療、美容では究極のエイジングケアが期待できる成分です。 ヒト幹細胞はヒトから抽出しているので、肌へなじみやすく拒絶反応が起きにくいです。 今回はそんなヒト幹細胞の「ヒト幹細胞培養上清液」について触れていきます。
近年医療や美容効果で注目が高まっている「ヒト幹細胞」、1度は聞いたことがありませんか?からだの医療に対する治療、美容では究極のエイジングケアが期待できる成分です。

ヒト幹細胞はヒトから抽出しているので、肌へなじみやすく拒絶反応が起きにくいです。
今回はそんなヒト幹細胞の「ヒト幹細胞培養上清液」について触れていきます。

ヒト幹細胞培養上清液とはなんのことを指すの?

幹細胞に関しては植物、動物、ヒト由来など、さまざまな種類があって混合しますよね。
今回テーマの「ヒト幹細胞培養上清液」は、ヒトのからだの中に存在する臍帯、歯髄、骨髄、脂肪など、間葉系幹細胞とされる幹細胞を培養して、その培養した培養液から幹細胞を抜き出し滅菌処理などを行った上澄み液のことを指しています。

幹細胞は細胞が自ら成長増殖し活性化するサイトカインというタンパク質を放っています。
幹細胞を1度ヒトの体内から体外へ出して、遠心分離で培養し余分なものを取り除いた上澄み液をまた体内に戻す治療や美容ケアが知られていて、からだの中から元気に健康になれます。

ヒト幹細胞培養上清液の医療効果は?

ヒト幹細胞培養上清液は医療の現場で患者さんのからだの治療のため役立たされています。さまざまな効果が得られるため治療できる範囲が広く、症状に合わせて医師が選びます。

例えばケガの傷による回復を早めたり、傷跡が残りそうな場合に自然に薄くする効果が期待されていて、点滴や注射や塗り薬など種類はさまざまなもので治療が可能です。

整形外科では膝の関節の傷みの緩和、血管の新生を促して動脈硬化や脳梗塞などの治療や、病気が誘発されるさまざまなリスクを防ぐ効果などがあることも分かっています。

ヒト幹細胞培養上清液の美容効果は?

ヒト幹細胞培養上清液は美容効果があることも知られていて、エイジングが期待できます。お肌の皮膚の再生、血管の新生、神経の修復、骨の形成、免疫力の向上などがあります。

ヒト幹細胞の中でも脂肪由来の幹細胞の上澄み液を使うことで、しわ、シミ、たるみ、くすみといったエイジングケアが期待でき、肌のハリと弾力を取り戻すことが可能となります。

抗炎症作用でアレルギーが緩和されたり、傷の炎症を治めたり、痛風や末梢神経の傷みの軽減があることも特徴で、さまざまな因子が含まれていて広範囲で効果が期待できます。

また、からだだけでなく頭皮への効果も期待されていて、毛髪の悩みのケアもできるため薄毛、抜け毛、白髪などの悩みにも毛根へダイレクトな治療ができることも知られています。

幹細胞とヒト幹細胞培養上清液の違い

近年「幹細胞」という言葉は多くの場面で聞く機会が増えてきて、種類の多さがあるがゆえに全てを幹細胞だという認識で商品を購入したり、ケアをおこなったりする人がいます。
一言で幹細胞といっても全く別物なこともあるため、違いは知っておくようにしましょう。

例えば「幹細胞」と「ヒト幹細胞培養上清液」はそれぞれ異なった成分です。ヒトのからだの細胞はおよそ50兆個もの細胞で形成されていて、ケガや病気の回復や細胞を再生させて老化を防ぐことのできるおもな分子が幹細胞と呼ばれています。

それに対してヒト幹細胞培養上清液は、先ほどの幹細胞を培養して滅菌処理をした上澄み液のことで、500種類以上のサイトカインと成長因子が体内で細胞に働きかけてくれて、再生を繰り返して元気で若々しいからだへと促し導いてくれます。



ヒト幹細胞培養上清液とはなんのことを指すのか?特徴と効果について解説しました。

ヒト幹細胞培養上清液はヒト由来の幹細胞を培養した上澄み液のことで、医療や美容においてさまざまな効果が期待されています。

医療においては1人1人の患者さんの症状を医師が見て治療方法を決めていきますが、美容においてはエステや市販の化粧品でのケアで究極のエイジングケアが期待できますよ。
TOP