ヘアケアもできる!ヘアアイロンやカーラーの上手な選び方

ヘアケアもできる!ヘアアイロンやカーラーの上手な選び方

ヘアケアや髪の毛のアレンジに必要なヘアアイロンやカーラーですが、さまざまなタイプがあるって知っていますか? 間違った選び方をしてしまうと、髪質に合わなかったり用途に合わなかったりすることもあります。 自分に合ったヘアアイロンやカーラーを選ぶための、重要なポイントを理解しておくことが大事です。
ヘアケアや髪の毛のアレンジに必要なヘアアイロンやカーラーですが、さまざまなタイプがあるって知っていますか?

間違った選び方をしてしまうと、髪質に合わなかったり用途に合わなかったりすることもあります。自分に合ったヘアアイロンやカーラーを選ぶための、重要なポイントを理解しておくことが大事です。

ダメージが少ないタイプ

髪の毛へのダメージが気になる人は、ダメージが少ないヘアアイロンを選ぶとよいです。ポイントは、温度設定にあります。

熱によるダメージがあるからといって、低音のタイプを選ぶと時間がかかり髪の毛に負担が掛かるので、180度前後のものを選ぶとよいでしょう。

そして、メーカーによってはダメージケア機能がついたものもあります。

使っているときに、ミストやマイナスイオンが出るヘアアイロンなら、熱によるダメージを軽減してくれるのです。

プレート部分のサイズ

ヘアアイロンを選ぶときは、プレート部分のサイズにも注目しましょう。ストレートのヘアアイロンを選ぶ場合、髪のボリュームが多い人は太めなものを選んでください。

太めのプレートだと、たくさんの量を挟めるので便利だからです。

前髪だけ使いたい場合やボリュームが少なめな人は、細いタイプを選ぶ方が便利だと言えます。カールのヘアアイロンなら、髪の毛の長さで選ぶとよいので、ミディアムやロングの人は太め、短い人は細めがおすすめです。

カーラーは髪質で選ぶ

巻き髪にするためのカーラーを選ぶ際は、髪質をチェックしてみてください。髪の毛が硬めな人は、マジックタイプが合います。毛先にきれいなカールができやすく、髪の毛がしっかり巻き付きやすいため、髪質が硬めな人に向いているのです。

髪質が柔らかい人は、グリップタイプが合います。

たくさんの髪の毛を巻きつけることができ、髪の毛が絡みにくいので髪の毛が細く柔らかい人に向いています。

どちらも、髪質に合う方を選べば短時間でカールできるので便利です。

仕上がり重視

カーラーを使ってカールを仕上げるときの仕上がりも選ぶポイントです。毛先などを細かいカールに仕上げたい人は、小さめの直径20ミリ前後のものを使うと、華やかなカールが作れます。

髪全体にふんわりとしたカールをつけたい場合は、30ミリ前後のサイズを選ぶと、ゆるめのウエーブを綺麗に仕上げることができるのです。

そして、毛先にワンカール付けたい場合は、35~40ミリサイズを使えばふんわりとしたカールに仕上がります。ロングヘアの人が、ボリュームあるカールに仕上げたい場合も、このサイズを選ぶとゴージャスな仕上がりが期待できるでしょう。


ヘアアイロンやカーラーは、女性の髪の毛を美しく魅せる素敵なアイテムです。

自分の用途や髪質などに合うタイプを選べば、さらに魅力を出すことができます。いつもとは違う髪型を楽しむために、正しいヘアアイロンやカーラーを選んで、素敵なヘアスタイルを作ってみましょう。
TOP