UVエッセンスにはブルーライトをカットする効果もあるの?

UVエッセンスにはブルーライトをカットする効果もあるの?

日差しが強い日に屋外活動をすると日焼けをします。これは言わずと知れたことで、皆さんも普段から、紫外線対策としてUVエッセンスを塗ったり、UVカットができる上着を羽織ったりされていることとと思います ところで、パソコンやスマートフォンの画面から出るブルーライトが、私たちの肌や目に悪影響を及ぼすと言う事実を知っていますか? そして、ブルーライトは、太陽光にも、含まれていて、パソコンやスマートフォンよりも強いことを知っていますか。 ブルーライトも紫外線と同じく、浴びないための対策が必要なのです。
日差しが強い日に屋外活動をすると日焼けをします。これは言わずと知れたことで、皆さんも普段から、紫外線対策としてUVエッセンスを塗ったり、UVカットができる上着を羽織ったりされていることだと思います。
ところで、パソコンやスマートフォンの画面から出るブルーライトが、私たちの肌や目に悪影響を及ぼすと言う事実を知っていますか?
そして、ブルーライトは、太陽光にも、含まれていて、パソコンやスマートフォンよりも強いことを知っていますか。
ブルーライトも紫外線と同じく、浴びないための対策が必要なのです。

ブルーライトが肌に及ぼす悪影響

ブルーライトは青色の可視光線(目に見える光)です。可視光線の中で一番波長が短く、紫外線に近い位置にあります。紫外線に近いということを覚えておきましょう。これを知っているだけで、肌に有害だとわかるため、浴びないためのケアを積極的におこなうようになるからです。
ブルーライトの恐ろしさは真皮層にまで到達してしまうという点です。真皮層には、肌の弾力やハリを作り出すコラーゲンやエラスチンが存在します。また、そこにある線維芽細胞でヒアルロン酸も作られるため、真皮層がダメージを受けると肌に悪影響が出ることになります。悪影響とは、健康な肌を生成する物質が上手く作り出せなくなるため、ハリが失われシミやシワの原因になるということです。このような背景から、ブルーライトは第3の紫外線とも呼ばれるとても恐ろしいものなのです。

ブルーライトの防御効果を持つ「酸化セリウム」とは?

では、どうしたらブルーライト対策ができるのでしょうか?最近注目されるのが「酸化セリウム」配合のUVエッセンスです。聞き慣れない成分だと思いますが、これはレアアースの一種で天然由来の原料になります。紫外線対策として「酸化チタン」はよく聞きますよね。酸化チタンがカバーできる範囲は紫外線領域だけですが、酸化セリウムは、
広範囲の紫外線波長だけでなく可視光線であるブルーライトの波長も防御できるという、優れた性質を持つものです。別名、「次世代型紫外線散乱剤」とも呼ばれており、今美容業界で大注目の成分です。

「酸化セリウム」配合UVエッセンスの使用感

一般的なUVエッセンスは、紫外線を遮るために紫外線吸収剤と紫外線遮蔽剤を組み合わせることがほとんどです。紫外線吸収剤には、多くのケミカル成分が含まれており、それが原因で肌荒れを起こす方も少なくありません。一方で、「酸化セリウム」配合の製品は、その成分単体で広範囲にわたる紫外線カットができるのが特徴です。さらに、「酸化セリウム」は、水への分散性の良いものが開発されており、「酸化セリウム」配合のUVエッセンスは水に近いテクスチャーのものもあり、ベタつきを起こさずサラッと使用したい方にもおすすめできます。
TOP