乾燥から手を守る!スキンケアクリームの選び方やマッサージを紹介

乾燥から手を守る!スキンケアクリームの選び方やマッサージを紹介

乾燥が気になる時期になると、感染症が流行傾向になるため、手先が荒れやすくなります。 手を洗ったりこまめな消毒は、手に取って大きな負担になりがちです。 気が付いた時には手荒れが進んでいることもあり、完治までに時間がかかるケースもあります。 手荒れを防ぐための方法を知り、大切な手先が荒れないようにケアしましょう。
乾燥が気になる時期になると、感染症が流行傾向になるため、手先が荒れやすくなります。手を洗ったりこまめな消毒は、手に取って大きな負担になりがちです。

気が付いた時には手荒れが進んでいることもあり、完治までに時間がかかるケースもあります。

手荒れを防ぐための方法を知り、大切な手先が荒れないようにケアしましょう。

保湿力の高いクリームを選ぶ

手を洗うと、必要な油分まで洗い流してしまうことが少なくありません。消毒液は、肌が弱いと負担になってしまうので、手荒れにつながることもあります。

手洗いや消毒をした後は、保湿力の高いクリームでケアしましょう。べたつきが少なく、刺激物が含まれていないクリームは、一日に何回も使用する人に特におすすめです。

香りが気になる場合は、無香料のものを選びましょう。

手先が荒れやすい人には、高保湿&薬用のクリームがおすすめです。

手袋を活用する

手が荒れる原因の中には、水仕事が挙げられます。食器洗い、洗濯物を干すとき、お風呂掃除など、手先は水に触れる機会が想像よりも多いものです。

洗い物や洗濯物を干す際は、手先が荒れないように撥水力のある素材でできた手袋を活用しましょう。紫外線や摩擦などから手を守る場合は、木綿などの柔らかい繊維の手袋を使って手を守る方法もあります。

手先の集中ケア専用の手袋も販売されているので、睡眠前などのリラックスタイムに活用して乾燥から手先をガードしましょう。

クリームでマッサージ&湿布

ハンドクリームを手に塗る際、手全体をマッサージしましょう。手の血流がよくなると、手荒れの改善にもつながります。指先までしっかりとマッサージして、皮膚に保湿成分を吸収させましょう。

クリームを塗るといっても、厚塗りすればよいわけではありません。

厚塗りはべたつきにもつながるので、適量を使うように心がけてください。

きれいな指先を

乾燥から手を守るグッズは、いろいろなものが販売されています。使用用途に合ったものを選び、荒れやすい手先をケアしましょう。

手袋は洗って使えるものを選ぶと、長期間使用できてお財布にも優しいのでおすすめです。

クリームを使うときにマッサージを行うなど工夫を重ね、きれいな指先を保ちましょう。
TOP