肌のくすみを改善するには?顔色を良くする方法を紹介

肌のくすみを改善するには?顔色を良くする方法を紹介

メイクを特に変えていないのに「最近顔色が悪く見えてしまう…」と悩んでいる人は、顔がくすんでいるのかもしれません。 透明感があり健康的な肌をつくるためには、どんな日常のケアをしたら良いのでしょうか。
メイクを特に変えていないのに「最近顔色が悪く見えてしまう…」と悩んでいる人は、肌がくすんでいるのかもしれません。

透明感があり健康的な肌をつくるためには、どんな日常のケアをしたら良いのでしょうか。

1.顔のマッサージをする

肌がくすんでいる人は、顔の血行が滞っている可能性があります。顔の筋肉をほぐずマッサージを取り入れ、血行を良くすることで顔色が良く見えることでしょう。

また、目の下のクマが目立つ場合も顔色が悪く見えます。

ツボ押しマッサージをしたり、クマを起こす原因として考えられる睡眠の質や腸内環境も合わせて整えていきましょう。

2.保湿ケアを重点的に

肌は乾燥するとくすみやすくなります。入浴後や洗顔後は、なるべく早く化粧水でうるおいを与え、乳液やクリームなどの油分でふたをしましょう。

化粧水はたっぷり使うことが、保湿のポイントです。乾燥はその他の肌トラブルの原因ともなるので、重点的にケアしましょう。

3.生活習慣を見直す

くすみは血行不良が原因で起こるため、体を冷やさないように普段から意識しておきましょう。また、肌のターンオーバーが滞るとくすみも改善されません。ターンオーバーを促すためにも、睡眠の質や食事の質にもこだわって生活することが大切です。

肌のくすみはメイクで補うこともできますが、根本的に対処しない限りは改善されません。血行不良が引き起こすトラブルだからこそ、インナーケアにもこだわりつつ、保湿など外側からのアプローチも行っていきましょう。
TOP