ノンケミカルなのに化学物質入り?日焼け止めの正しい選び方とは

ノンケミカルなのに化学物質入り?日焼け止めの正しい選び方とは

肌にやさしいものを選びたいという視点から、オーガニックコスメを選択する女性が増えています。基本的に、「ノンケミカル」と言われているものは「化学物質を含まない」と言う意味で使われています。 しかし、日焼け止めを選ぶ際には少し意味が異なってくるので注意が必要です。
肌にやさしいものを選びたいという視点から、オーガニックコスメを選択する女性が増えています。基本的に、「ノンケミカル」と言われているものは「化学物質を含まない」と言う意味で使われています。

しかし、日焼け止めを選ぶ際には少し意味が異なってくるので注意が必要です。

1.日焼け止めの「ノンケミカル」は化学物質が入っている

日焼け止めの場合は紫外線吸収剤が入っているものを「ケミカル」、紫外線散乱剤が入っているものを「ノンケミカル」と呼びます。つまり、ノンケミカルでも化学物質は入っているということになります。

2.ノンケミカルに含まれる紫外線吸収材とは?

ケミカルに含まれる紫外線吸収剤は、紫外線を熱エネルギーに転換して肌への刺激をおさえる役割を果たします。一方、ノンケミカルに含まれる紫外線散乱剤は、肌の表面で紫外線を跳ね返します。

ノンケミカルのほうがケミカルよりは肌への刺激は少ないといえますが、その反面で白くなってしまったり落ちやすかったりしてしまう性質があります。

3.肌に優しい日焼け止めを選びたいなら

「とにかく肌に優しい日焼け止めを選びたい!」という人には、同じノンケミカルのものでもパウダータイプや乳液タイプを選ぶと良いでしょう。また、韓国コスメに多いスティックタイプもノンケミカル処方のものが多いと言われています。

「日焼け止めも天然由来のものを選びたい!」と思ってノンケミカルを選んだのに、化学物質が入っているとなると拍子抜けしてしまうかもしれません。しかし、選び方によっては肌への負担を最小限に抑えることができるのも事実。

正しい日焼け止めの選び方を知って、肌をダメージから守りましょう。
TOP