それはダメ!ニキビがなおらないNGな行動とは

それはダメ!ニキビがなおらないNGな行動とは

スキンケアもちゃんとしているのに、ニキビが中々なおらないと悩んでいませんか。 ニキビがなおらない原因は、やってはいけないNGな行動の中にあります。 スキンケアの方法が間違っていたり、ニキビがなおらない生活習慣をしていたりすると、なおりにくいのです。 ニキビを改善するために、やってはいけないNGな行動とはどんなことなのでしょうか。
スキンケアもちゃんとしているのに、ニキビが中々なおらないと悩んでいませんか。ニキビがなおらない原因は、やってはいけないNGな行動の中にあります。

スキンケアの方法が間違っていたり、ニキビがなおらない生活習慣をしていたりすると、なおりにくいのです。

ニキビを改善するために、やってはいけないNGな行動とはどんなことなのでしょうか。

ニキビがなおらないNGな行動

ここでは具体的に、ニキビがなおらないNGな行動をご紹介します。

洗いすぎる洗顔

顔を洗うことは、肌にとって大事なことです。しかし、洗いすぎるような洗顔をしていると、肌に必要な潤いまで落としてしまいます。

それにより、ニキビが悪化し分厚い角質を作ってしまうことに。

ゴシゴシと強くこすり摩擦をおこしてしまうと、肌に負担が掛かってしまいます。

そして、洗顔料を使いすぎると、すすぎ残しが残ってしまうこともニキビがなおらない原因となるのです。適量の洗顔料を意識して、時間を掛けすぎずに洗顔するようにしましょう。

乾燥させっぱなし

肌が乾燥すると潤いが不足するため、ニキビが発生しやすくなります。乾燥した肌は、外からの刺激から守るためにたくさんの油分が出ることになるのです。

それにより、肌の毛穴が詰まるようになってしまいます。

保湿ケアをせずに、乾燥させたままの状態が続くと毛穴が詰まり、ニキビができやすくなってしまうのです。

べたつくことを嫌がらず、保湿ケアをするようにしましょう。

ただし、適量を守らないと返って肌の代謝バランスが崩れるので注意してください。

不規則な生活

不規則な生活は、肌に悪影響をもたらします。

特に夜遅くまで起きているような生活は、肌のターンオーバーが狂う原因になるのです。肌のターンオーバーが正しく行われないと、古い角質がいつまでも肌に残りニキビの原因となってしまいます。

肌のダメージを修復するためには、規則正しい生活が必須です。

良質な睡眠を取るためには、体を休める準備を早めにして、リラックスした状態で眠るようにしましょう。

なるべく、22時ころにはベッドに入れるような生活を心がけてください。

乱れた食生活

食生活の乱れも、肌に悪影響を与える原因です。偏食気味な人や、不規則な食生活をする人は肌荒れを起こしやすくさせます。

飲酒の機会が多い人、暴飲暴食で脂っこいものや糖分が多い食べ物が好きな人も注意が必要です。

そんな食生活をしていると、皮脂分泌のコントロールが崩れてしまい、ニキビがなおらない原因となります。

ニキビをなおしたいなら、バランスの良い食事を摂取することを心掛けましょう。体内を整えることも、肌をケアすることにつながるのです。

まとめ

ニキビがなおらないと悩んでいるなら、スキンケアや生活習慣を見直してみるとよいでしょう。正しいと思っておこなっていたスキンケアでも、間違っていることもあります。

ニキビがなおらない原因は、日常のちょっとしたことを改善することで解決できることもあるのです。

生活やスキンケアの見直しをして、気になるニキビとさよならしましょう。
TOP