スキンケアで意識したい肌の水分量。効果的なケア方法は?

スキンケアで意識したい肌の水分量。効果的なケア方法は?

エアコンの風や長時間のマスクの着用で肌トラブルが気になっているという方もいるという方もいるかもしれませんが、トラブルを抱えた肌は水分が浸透しにくくなっています。 そんなトラブル肌には、保湿効果の高い化粧水・美容液などを活用して肌の水分量を上げて美肌にしましょう。
エアコンの風や長時間のマスクの着用で肌トラブルが気になっているという方もいるかもしれませんが、トラブルを抱えた肌は水分が浸透しにくくなっています。

そんなトラブル肌には、保湿効果の高い化粧水・美容液などを活用して肌の水分量を上げて美肌にしましょう。

1.プレ美容液で水分を浸透させやすく

肌が乾燥していたりトラブルを抱えていたりすると、なかなか水分が入りこみません。そんな時には、プレ美容液で肌をほぐしてから化粧水を使うようにしましょう。

プレ美容液は手のひらにまんべんなく伸ばしてから優しく肌に馴染ませてあげるのもポイントです。

2.化粧水は水のようにサラサラしたタイプをチョイス

保湿効果が高そうに感じて、ジェルのようにとろっとしたタイプを選びたくなりがちですが、肌に浸透しやすいのは水のようにサラサラした化粧水。

化粧水でひたひたのコットンでパックをしたり、手のひらで押し込むように化粧水を何度も重ね付けしましょう。

手の甲で肌に触れた時にひんやりした感じがしたらしっかり保湿できている証拠です。

3.オイルで保湿して、肌の水分量と油分のバランスを整えて

プレ美容液、化粧水での保湿が済んだら、オイルで保湿してあげましょう。伸びがいいオイルなら少量で顔全体の保湿ができるので、1、2滴が適量です。

肌の水分量とオイルバランスが整うことで、肌の調子が良くなったのを感じられるでしょう。

毎日のスキンケアも肌の水分量を意識して行うことで、肌の潤いやツヤ、ハリ感などが変わってきます。美肌のために、肌の水分量をあげるスキンケアをしてあげましょう。
TOP