夏にしたい外側&内側ケア!

夏にしたい外側&内側ケア!

痛いほどの日差しで、少し外に出ただけでも日焼けが心配な夏。 日焼けの辛さに悩まないためにも、ふだんから対策しておきたいですね。 日焼け対策は、日焼け止めを塗るスキンケアだけではありません。 外側と内側の両方からケアをして、日焼け予防をしましょう。
痛いほどの日差しで、少し外に出ただけでも日焼けが心配な夏。日焼けの辛さに悩まないためにも、ふだんから対策しておきたいですね。

日焼け対策は、日焼け止めを塗るスキンケアだけではありません。外側と内側の両方からケアをして、日焼け予防をしましょう。

外側ケアと内側ケアの違いは?

日焼け対策は体の外側からと内側から行うと十分な予防を期待できます。外側のケアは、日焼けを引きおこす紫外線をできるだけ浴びないことがポイント。

ただし完全なシャットアウトは難しいため内側からもケアをして、日焼けしにくい体をつくり、日焼けしても回復しやすい体をめざしましょう。内側からのケアは長い期間継続すると、少しずつですが体の変化を期待できます。

外側からの日焼け予防対策

日焼け止めはすでに塗っている人が多いかもしれません。しかし塗り方を間違えると期待する効果が出ないといわれます。外側からの日焼け予防をチェックしてみましょう。

日焼け止めを正しく塗る

日焼け止めを厚く塗ると白くなりやすく、薄く伸ばして塗る人もいますよね。しかし日焼け止めは目安量を塗らなければ、期待する効果が弱くなってしまいます。

日焼け止めはパッケージに書かれた量を参考に、適量を塗りましょう。オフにはメイク落としを使い、優しく洗い流して肌への負担を軽くします。

メイク落としの刺激が心配なときは、石けんで落とせる日焼け止めもありますよ。日焼け止めを落としたあとのスキンケアもお忘れなく。

紫外線をカットしやすい服を着る

ポリエステルは比較的紫外線をカットするといわれています。通気性がよく速乾性もあるため、夏の衣服にはぴったりの素材です。

内側からの日焼け予防対策

内側からの日焼け予防は、生活習慣に対策を取り入れることがおすすめ。夏が近づいたら対策アイテムを用意しつつ、生活習慣を振り返りましょう。

美白サプリメントやドリンクを飲む

美容系アイテムの中から、美白に注目したサプリメントやドリンクをチェックします。成分はアイテムごとに違いますが、適量を継続してとり続けましょう。

十分な睡眠をとる

体は睡眠中に細胞の修復を行うため、睡眠時間が足りていると健康な細胞へスムーズに生まれ変わります。健やかな体は日焼けしても細胞の修復を順調に行うため、深刻な肌トラブルの予防に役立ちます。

美白サプリメントやドリンクをとったときは、成分をしっかり活かすためにもよく眠りましょう。暑い夏は日差しが強く、すぐに日焼けしてしまいますよね。日焼けしてから後悔しないためにも、早めに外側と内側からのケアを始めましょう。

忙しくて手間をかけられない人や何から始めようか迷う人は、手軽な美白ドリンクからスタートすると便利ですよ。
TOP