あなたのニキビは何ニキビ?タイプ別ニキビで攻略法を見つけよう!

あなたのニキビは何ニキビ?タイプ別ニキビで攻略法を見つけよう!

ニキビができるとその日はずっと気分が下がっちゃいますよね。 なかなか治らないニキビなら深刻な悩みにつながる事も…。 今回は美のプロである筆者がタイプ別ニキビについて解説&攻略方法を伝授していきます! 一緒にニキビを撲滅していきましょうね。
ニキビができるとその日はずっと気分が下がっちゃいますよね。なかなか治らないニキビなら深刻な悩みにつながる事も…。

今回は美のプロである筆者がタイプ別ニキビについて解説&攻略方法を伝授していきます!

一緒にニキビを撲滅していきましょうね。

白ニキビ(閉鎖面疱)

皮脂や老廃物が詰まっている盛り上がったニキビです。白ニキビの主な原因は皮脂の過剰分泌です。

これは男性ホルモンが増加することで、皮脂分泌の増加と肌本来のバリア機能の低下につながってしまいます。

根本的な解決方法は女性ホルモンを優位にさせることです。

生活習慣を見直す、イソフラボンを摂取するなど男性ホルモン優位にならないようにホルモンバランスを整えていきましょう!

黒ニキビ(開放面疱)

先端が黒く、皮膚の内側のメラニンが表に出てきて黒く見えるニキビです。こちらも原因は白ニキビと同じです。

ただし、いまある黒ニキビを撲滅するにはディフィリンゲル、サルチル酸ワセリンなどの外用薬の服用、「面皰圧出」という医師による施術をおすすめします。

赤ニキビ(炎症性面疱)

白ニキビが悪化して炎症を起こしたニキビです。このニキビがある方はもはや重症化した皮膚炎なので早めに皮膚科へ受診しに行くことをおすすめします。

炎症を抑えるために抗生物質やステロイド剤を処方される事が多いですが、ステロイド剤は残念ながら肌のバリア機能を低下させる恐れがあります。

根本的な原因を解決するには、やはり上記同様に生活習慣の見直しとホルモンバランスを整える事が重要になります。

黄ニキビ(膿疱性面疱)

これも白ニキビが悪化して膿がたまってしまったニキビ。黄色ブドウ球菌が発生しており、このニキビをつぶすとクレーターになる恐れがあるので絶対に触ってはいけません。

こちらも早めに皮膚科を受診しましょう。

また男性ホルモンを低下させて肌の状態を改善させるアルダクトン錠や低用量ピルの服用をすすめられる場合があります。

紫ニキビ

炎症が続き、色素沈着、内出血などで紫に変色するニキビです。この状態のニキビは治っても跡が残ってしまう事が多く、根気強く治療する必要があります。

また自力でのケアは無理だと思ってください。民間療法でも治りません。一日でも早く皮膚科の受診をおすすめします。

まとめ

via pixta.jp
いかがでしたか?

ニキビは主にホルモンバランスが乱れることで発生してしまいます。また一つだけならまだしも大量に発生しまうと悩みは深刻ですよね。

たかがニキビと侮らずにニキビが深刻な場合はすぐに皮膚科を受診しましょう。
TOP