キレイフル(kireifull)

コラーゲンとコラーゲンペプチドの違いは何?それぞれの働きを解説

美容や健康に欠かせない成分のコラーゲン。
誰しも名前は聞いたことのある成分ですが、その具体的な働きについてはご存じない方もいるかもしれません。

コラーゲンは皮膚の基礎をつくる重要な役割があります。
人間のからだを構成するタンパク質として、全体の30%を占めているといわれています。
そして、コラーゲンの働きをより促してくれるのがコラーゲンペプチドで、アミノ酸の一種です。

この記事では、コラーゲンとコラーゲンペプチドの違いとは一体何なのかについて解説します。

美容や健康に欠かせない成分のコラーゲン。
誰しも名前は聞いたことのある成分ですが、その具体的な働きについてはご存じない方もいるかもしれません。

コラーゲンは皮膚の基礎をつくる重要な役割があります。
人間のからだを構成するタンパク質として、全体の30%を占めているといわれています。
そして、コラーゲンの働きをより促してくれるのがコラーゲンペプチドで、アミノ酸の一種です。

この記事では、コラーゲンとコラーゲンペプチドの違いとは一体何なのかについて解説します。

コラーゲンとコラーゲンペプチドの違いとは

コラーゲンとコラーゲンペプチドの違いは、どちらの成分もほぼアミノ酸です。
1番の違いは分子量でコラーゲンは大きな分子に対し、コラーゲンペプチドは小さな分子のため人間のからだに吸収されやすいといったメリットがあります。

コラーゲンはタンパク質の一種で、タンパク質はアミノ酸が複数結合した状態のことです。
タンパク質の分子量と結合構成によって、コラーゲン、コラーゲンペプチド、ゼラチンというように成分名が変わり、からだへの吸収性なども違ってきます。

コラーゲンペプチドとは

コラーゲンペプチドは簡単に説明すると、ゼラチンをさらに細かくして酵素分解したもの。

いままではコラーゲンを摂取すると、バラバラのアミノ酸で分解されてからだへ吸収されるものだと思われてきました。
しかし最近の研究では、コラーゲンの一部はアミノ酸に分解されないことが分かり、コラーゲンペプチドとして腸へ吸収されることが明らかになってきたようです。

もちろんコラーゲンペプチドはコラーゲンと同様の成分なので、コラーゲンと同じようにからだへ吸収されたあと、血液にのって全身へまんべんなく行き渡って、皮膚、筋肉、骨、歯、爪などを構成する栄養素になります。

コラーゲンペプチドの働きとは

コラーゲンペプチドはコラーゲンよりも分子が小さく、そのままからだへ吸収されます。
吸収されたコラーゲンペプチドは、血液にのってからだの全身へ行き渡り届けられます。

最近ではコラーゲンは飲んだり食べたりしただけでは、その一部はそのままからだへ吸収されないことが分かっていて、アミノ酸に分解されなかった「ペプチド」の状態の方がからだへの吸収率が高く腸へ直接吸収されて全身への栄養素になる働きがあるといわれています。
栄養に関してはコラーゲンと同じ働きをするので、コラーゲンペプチドの方が効率的です。

コラーゲンペプチドの摂取量は?

コラーゲンペプチドは1日に5000mg~10000mgを、毎日摂取することが理想的です。
この摂取量以下でも意味がない訳ではないですが、コラーゲンペプチドの効果が高まるというデータが研究によって明らかになってきました。

コラーゲンペプチドは、サプリメント、ドリンク、化粧品などさまざまな方法で摂取できて、特におすすめなのは毎日の食べ物から摂取するのが手軽です。

フカヒレや手羽先など、コラーゲンが多く含まれている食べ物を積極的に食べて、補えない場合はサプリメントやドリンクでコラーゲンペプチドを摂取すると良いでしょう。

コラーゲンとコラーゲンペプチドの違いについて解説しました。

コラーゲンもコラーゲンペプチドも、どちらも同じタンパク質のアミノ酸の一種です。
1番の違いは分子の大きさで、コラーゲンは大きいのに対してコラーゲンペプチドは小さいのでからだへの吸収率が早くて、コラーゲンよりも効果的に補ってお肌潤します。

コラーゲンは全てがアミノ酸に分解される訳ではなく、一部はペプチドの状態でそのまま腸で吸収されることが分かっています。

最近は、さまざまな美容サプリメントやドリンクにコラーゲンペプチドが含まれています。
食べ物からの摂取が手軽で、不足する分はサプリメントで補うことがおすすめです。

TOP