唇のカサカサ乾燥の原因は?症状や乾燥を改善するリップケアについて解説

唇のカサカサ乾燥の原因は?症状や乾燥を改善するリップケアについて解説

リップクリームをしっかり塗っていても、唇がカサカサ乾燥することはありませんか? 特に冬の季節の乾燥は唇を荒れ果てた状態にするので、徹底した乾燥対策が必要です。 しかし唇のカサカサ乾燥は季節が原因のほかに、生活習慣やストレスも考えられます。 唇のカサカサ乾燥の原因は何なのか?その際の症状や改善方法について解説します。
リップクリームをしっかり塗っていても、唇がカサカサ乾燥することはありませんか?
特に冬の季節の乾燥は唇を荒れ果てた状態にするので、徹底した乾燥対策が必要です。
しかし唇のカサカサ乾燥は季節が原因のほかに、生活習慣やストレスも考えられます。
唇のカサカサ乾燥の原因は何なのか?その際の症状や改善方法について解説します。

唇がカサカサ乾燥する原因は?

唇がカサカサ乾燥する原因は季節の乾燥、生活習慣、ストレス、癖などがあります。
季節の変わり目や冬の寒さや冷暖房の寒暖差は、唇だけでなくお肌も乾燥させますよね。

毎日の食べ物の偏りや暴飲暴食があるなら、唇にしっかり栄養が行き届かず乾燥します。
そこへストレスが加わるとよりカサカサ乾燥が起きやすくなり、ストレスは自分では気づかないうちに溜まるので、血行不良をおこして酸素や栄養が唇へ届かなくなって乾燥します。

人によって唇を舐めたり皮を剥いたりする癖のある人もいるので、唾液が唇について余計に乾燥させたり赤みや痒みを引き起こす原因になってしまいます。
これを繰り返しおこなうと、乾燥が治るどころか悪化させてしまうので注意しましょう。

唇がカサカサ乾燥した際の症状は?

唇がカサカサ乾燥した際に起こる症状にはさまざまな種類があります。
ただ皮が向けてカサカサするだけではないので、ここは覚えておくといいです。

乾燥での皮むけは唇のカサカサ乾燥の代表的ですが、唇の乾燥が進むとひび割れを起こして縦に切れたような状態になって出血する場合があります。

唇の荒れでただれることもあって、水ぶくれができて破けるとかさぶたになります。
皮が剥けて唇全体が赤く腫れあがっているなら口唇炎、乾燥によって唇の口角の両端が切れて出血する症状を口角炎といって、どれも唇のカサカサ乾燥から引き起る症状です。

唇のカサカサ乾燥を改善する方法は?

唇のカサカサ乾燥を改善するためには、まず基本のリップクリームは必須です。
メイクの後、洗顔の後、飲食の後などこまめにつけて、夜寝る前にはナイト用のリップクリームがあるので、それをパックとしてつけて眠るようにします。

定期的な市販の唇用パックの使用や、サランラップを使ったリップパックもおすすめです。
唇を舐めることや皮を剥くことは止めて、しっかり保湿を徹底してください。
毎日の十分な睡眠でストレスを解消して、栄養のバランスの摂れた食事も大切です。


唇のカサカサ乾燥の原因と、乾燥の症状や改善する方法を解説しました。

唇のカサカサ乾燥の1番の主な症状は季節の乾燥ですが、生活習慣やストレスも原因です。
不摂生な食事は栄養が偏るので荒れの原因になりますし、十分な睡眠も改善にもなります。

気づかないうちにストレスがあると、血行不良で栄養が届かず乾燥する場合もあります。
癖で舐めたり皮を剥くのはもってのほかなので、止めるように意識してください。

リップクリームやリップ美容液やパックの使用で、保湿を徹底することがおすすめです。
炎症が酷い場合は抗炎症成分や、医薬部外品のリップクリームを選んで使いましょう。
TOP