セルフホワイトニングの特徴とは?歯科医院との違いや効果を解説

セルフホワイトニングの特徴とは?歯科医院との違いや効果を解説

「毎日ちゃんと歯磨きしているのに、黄ばみや汚れが落ちない…」 こんな風に悩んだことはありませんか? 白い歯への着色は目立つうえに簡単に落ちにくいため、黄ばみのない美しい歯を目指すなら定期的なホワイトニングが必要です。 ホワイトニングは、歯科医院以外に自宅にいながらセルフでおこなうこともできるのが嬉しいところ。 セルフホワイトニングの特徴や効果とはどのようなものなのでしょうか? 自宅で正しいケアができるよう、この記事で詳しくご紹介します。
「毎日ちゃんと歯磨きしているのに、黄ばみや汚れが落ちない…」
こんな風に悩んだことはありませんか?

白い歯への着色は目立つうえに簡単に落ちにくいため、黄ばみのない美しい歯を目指すなら定期的なホワイトニングが必要です。
ホワイトニングは、歯科医院以外に自宅にいながらセルフでおこなうこともできるのが嬉しいところ。
セルフホワイトニングの特徴や効果とはどのようなものなのでしょうか?
自宅で正しいケアができるよう、この記事で詳しくご紹介します。

セルフホワイトニングの特徴

セルフホワイトニングは、自宅に居ながら歯のホワイトニングケアをおこなうこと。
歯科医院に行かずに自分でセルフホワイトニングケアができるので、忙しい人におすすめです。

セルフホワイトニングは自分でのケアで、歯科医院でのホワイトニングはオフィスホワイトニングといいます。
自宅でおこなう際は保険が利きませんが、歯科医院でのケアは保険の対象になります。

セルフホワイトニングとして例えば、ホワイトニング専用の歯磨き粉でのブラッシング、液体のマウスウォッシュ、歯の消しゴム、歯のマニキュアなどがこれに当たります。

セルフホワイトニングの効果

セルフホワイトニングは、歯の表面に付着した黄ばみや汚れを落とす効果があります。
もとの歯から黄ばみが起きた際やくすみに効果的な一方、生まれながらにして本人が持っている歯の色には効果が低いことが分かっています。

歯科医院でのオフィスホワイトニングは、即効性があって長期間、持続性がありますが、セルフホワイトニングの場合、数週間おこなうや数か月といった長い期間継続してケアを続けることが必要です。

お茶やタバコで付着した茶渋は、1度のセルフホワイトニングで白くなることもあります。
マウスウォッシュは効果を実感するまでに長期的な期間を要しますが、歯の消しゴムやマニキュアは使う頻度や量や普段の食生活で効果の有無や持続性が異なります。

歯科医院のホワイトニングとの違い

オフィスホワイトニングと、セルフホワイトニングの違いは何なのか気になりますよね。
この2つの大きな違いは過酸化水素を使っているか、使っていないかです。

過酸化水素を使うか使わないかで、歯の白さに大きな違いが出てくることが分かっていて、過酸化水素無しの場合は、歯の黄ばみや汚れを落とし本来の歯の色に戻す効果があります。

過酸化水素有りの場合は、、黄ばみや汚れを落とすことはもちろんですが、本来の歯の色以上の白さになるよう漂白していくことができます。

セルフホワイトニングの効果を維持する方法

セルフホワイトニングの効果は、歯科医院に比べて短いですができるだけ維持したいです。
セルフホワイトニングの効果を維持するには、食生活に気を使うことが一番の近道です。

食事の後に直ぐに口をゆすいだり、濃い色の飲み物たりするを飲まないことも大切になります。
また、歯ブラシは固いものではなく柔らかいものがおすすめで、エナメルが傷つくのも防ぎます。

食事の前に乳製品を飲むと歯をコーティングするため、効果を維持する方法の1つです。

歯ブラシの前にガムを噛むと、歯に付いた汚れをガムで取り沈着を防ぐことができます。
時間に余裕のある人はさまざまな方法を取り入れて、効果が長持ちするか試しましょう。



セルフホワイトニングの特徴と効果に、歯科医院との違いも解説しました。
セルフホワイトニングは、自宅に居ながら自分でできるケアで気軽さがあります。
時間のない忙しい人にもおすすめで、歯科医院と比べて持続性に欠けますがさまざまな商品が販売されていて、使うアイテムや使い方によって効果は違ってきます。

ホワイトニング効果には過酸化水素の有無も非常に重要なポイントです。
即効性と持続性を求めるなら歯科医院でのオフィスホワイトニングがベストなので、両方のメリットとデメリットを考慮しつつ検討してみてください。
TOP