乳酸菌はインナーケアに最適?ビフィズス菌ってなに?

乳酸菌はインナーケアに最適?ビフィズス菌ってなに?

乳酸菌が身体に良いと言われる理由は、腸の働きを良くしてくれるからです。 悪玉菌の繁殖を抑えて、善玉菌の働きを良くしてくれるので腸内環境が悪い人におすすめです。 ちなみに善玉菌の代表格がビフィズス菌なのです。 ビフィズス菌は乳飲料やヨーグルトなどで見かけることが多いものではないでしょうか。
乳酸菌が身体に良いと言われる理由は、腸の働きを良くしてくれるからです。悪玉菌の繁殖を抑えて、善玉菌の働きを良くしてくれるので腸内環境が悪い人におすすめです。

ちなみに善玉菌の代表格がビフィズス菌なのです。ビフィズス菌は乳飲料やヨーグルトなどで見かけることが多いものではないでしょうか。

1.コレステロールの低減作用

コレステロールにも善玉コレステロールと悪玉コレステロールがあります。当然ながら悪玉コレステロールが増えるのは注意しなければいけません。

乳酸菌の一部はコレステロールの低減作用があるものもあるのです。

2.免疫力を高めてくれる

人間の身体が持っている防御システム、それが免疫力です。細菌やウイルスが身体の中に侵入しても、免疫細胞が攻撃して身体を正常に保ってくれます。

乳酸菌の中には、免疫作用を活性化させるものもあるのです。

3.老化の予防

乳酸菌すべてではありませんが、老化を予防できるものもあります。健康のために乳酸菌を含んだ飲食物が良いと言われるのは、老化予防の効果を持つものもあるからでしょう。

乳酸菌は摂取しすぎるとお腹がゆるくなることもあります。適度に摂取することで、腸内環境の改善やコレステロールの低減、免疫力などさまざまな効果を得ることができるので苦手意識を持たずに摂取しましょう!
TOP