リペアパウダーと呼ばれる水素パウダーの効果とは?

リペアパウダーと呼ばれる水素パウダーの効果とは?

水素は悪玉活性酸素を除去し、汗や尿として体外に排出できるため、酸化を防ぐ作用をもたらします。 言い換えると、アンチエイジングができる物質だということです。 そして、この水素を粉末にしたものを水素パウダーと呼びます。 パウダーから発生する高濃度水素は、肌の活性酸素を無害化するため、シミやシワを抑制する効果が期待できるのです。

サンゴ由来の水素パウダーの特徴

水素は悪玉活性酸素を除去し、汗や尿として体外に排出できるため、酸化を防ぐ作用をもたらします。言い換えると、アンチエイジングができる物質だということです。そして、この水素を粉末にしたものを水素パウダーと呼びます。パウダーから発生する高濃度水素は、肌の活性酸素を無害化するため、シミやシワを抑制する効果が期待できるのです。
水素パウダーの原料
水素は、私たちの暮らしの中に多く存在します。たとえば、「水素+酸素=水」はその代表格だと言えるでしょう。さらに、美容や健康のためだけでなく、次世代エネルギーとしても注目されています。水素は、多様な資源から作ることができるという魅力を持ちます。例をあげると、産業用なら化石燃料から取り出すことが多く、水を電気分解して作ることも可能です。
では、水素パウダーについて見ていきましょう。水素パウダーとは、水に触れると水素を発生させる特徴を持つ原料のことを言います。サンゴや貝、植物由来、マグネシウムを利用したものまでさまざまな原料から作られています。
今回は、サンゴ由来のものをご紹介します。

サンゴ由来の水素パウダーの特徴
サンゴ由来の水素パウダーは、サンゴ粉末に水素加工して作られます。サンゴ粉末とは、海底で石灰化したサンゴを乾燥させ、殺菌したあとに微粉末化したものを指します。これには、サンゴ由来の天然カルシウムやミネラルが多く含まれます。サンゴは、肌に潤いを与える海洋ミネラルを豊富に含むことから、これまでにも多くの化粧品に使用されてきました。この特性をうまく利用したのがこの水素パウダーです。

マグネシウム由来の水素パウダーとの比較

化粧品の中には、マグネシウムを利用した商品も少なくありません。化粧水やクリームの成分表を見ると、水素化マグネシウムと書かれているのを目にすることがあるでしょう。
ここでは、サンゴ粉末由来とマグネシウム由来の成分を比較してみました。

保存状態

サンゴ粉末は長期間安定保存ができるのに対し、マグネシウムは微量ですが水分に反応し保存には向かないことが分かっています。

水素量

サンゴ粉末は長期間少量ずつ水素が発生する様子が見られるのに対し、マグネシウムでは大量に発生するけれど短期間だけでした。いずれも、使用による副作用を心配することはありません。しかしながら、サンゴ粉末のほうがより多く安定して水素を体内に取り込めるため、アンチエイジング効果もそれに比例して期待できるということなのです。水素パウダーの使用により、肌のシミやシワを抑え本来の状態にリペアすることが期待できます。これまでは、水素を摂取するにはサプリメントや水素水を選ぶのが一般的でした。一方で、この水素パウダーの使用により、フェイスパウダーなどの化粧品なども選択肢として出てきました。メイクの仕上げにサッとアンチエイジングができるようになるので便利ですよね。
TOP