肌細胞を成長させる「整肌因子」アンチエイジングな美容方法

肌細胞を成長させる「整肌因子」アンチエイジングな美容方法

いつまでも若々しくいたいと思っていても、誰しも必ず歳は取るもの。 そんななか、バイオテクノロジーの研究が進み、肌の再生能力をあげる美容法が話題です。 若い頃にある成長ホルモンは加齢で減少するため、これを生成するのがPRP治療です。 古い細胞を除去して、新たな細胞を活性化させる整肌因子とはどんなものなのでしょうか?
いつまでも若々しくいたいと思っていても、誰しも必ず歳は取るもの。
そんななか、バイオテクノロジーの研究が進み、肌の再生能力をあげる美容法が話題です。

若い頃にある成長ホルモンは加齢で減少するため、これを生成するのがPRP治療です。
古い細胞を除去して、新たな細胞を活性化させる整肌因子とはどんなものなのでしょうか?

整肌因子とは

整肌因子とは、体内で特定の細胞や細胞分裂を促進することのできるタンパク質です。
このタンパク質があることで私たち人間の皮膚、骨、筋肉、歯、爪などは常に生まれ変わりを続けていて、傷ついた際には修復と補修をして万全な状態へ回復させています。

整肌因子が加齢によって減少すると、しわやたるみが増えたり疲れやすくなったりします。
いわゆる老化現象の加速が進むので、衰えた細胞を活性化することが重要で、細胞に働きかけて増殖と新たな生み出しをするために整肌因子は細胞の成長に必要不可欠な存在です。

美容に関わる細胞を成長させる整肌因子とは

体内の細胞に働きかけて成長させるホルモンには、さまざまな種類が存在しています。
なかでも美容に大きく関係する整肌因子は、お肌のアンチエイジングに影響があります。
細胞の活性化で増殖と生成を繰り返すことで、若返り効果があることが分かりました。

お肌の美容に関わる整肌因子はおもに5つで、EGF、FGF、IGF、TGF、KGFです。

<EGF>
ターンオーバーの指示を出す上皮幹細胞に働きかけて、細胞の成長を促します。
ターンオーバーの正常化で肌が生まれ変わるので、シミくすみやゴワつきが改善できます。


<FGF>
お肌の線維芽細胞に働きかけて、傷ついた部分への修復を促す働きがあります。
コラーゲン、ヒアルロン酸、エラスチンなどのうるおい成分を生成する整肌因子です。


<IGF>
FGFと同様に傷ついた部分の修復と補修をおこない、新たな肌の生まれ変わりを助ける役割があります。


<TGF>
シグナルタンパク質とも呼ばれていて、コラーゲンとエラスチンの生成に必要です。
コラーゲンとエラスチンを補うことでお肌を強くし、抗炎症作用もある整肌因子なんです。

<KGF>
EGFと同様の効果のある整肌因子で、164個のアミノ酸でできています。
細胞の活性化を促して肌や髪の毛などを健康で元気な状態へ整えます。


整肌因子の詳細と、美容に関わる整肌因子について解説しました。

人間はいつか老化するので、細胞が衰えないようサポートが必要です。
おもな整肌因子はEGF、FGF、IGF、TGF、KGFの5つで、どれも細胞を活性化させて肌の生まれ変わりを促進して、傷ついた部分の補修と修復をする役割があります。

これらの細胞を成長させる整肌因子は、総称としてグロースファクターとも呼ばれます。
さまざまな化粧品などに含まれる成分なので、気になる人はチェックしてみてくださいね。
TOP