体温が一度上がると代謝が上がる!体温をアップさせる冷え性対策習慣をピックアップ

体温が一度上がると代謝が上がる!体温をアップさせる冷え性対策習慣をピックアップ

昨今は平熱が36度以下の低体温の人が少なくありません。低体温は免疫力の低下だけでなく、冷えの原因にもなります。 また、代謝が落ちてしまうので太りやすく可能性もあるのです。体温は1度上がると、代謝が12%ほど上がるといわれています。体温を上げて、免疫力と代謝を上げましょう。
昨今は平熱が36度以下の低体温の人が少なくありません。低体温は免疫力の低下だけでなく、冷えの原因にもなります。

また、代謝が落ちてしまうので太りやすくなる可能性もあるのです。体温は1度上がると、代謝が12%ほど上がるといわれています。体温を上げて、免疫力と代謝を上げましょう。

1.湯船につかる

忙しい毎日だからこそ、入浴時は湯船に浸かりましょう。毎日10分を目安に湯船に浸かる習慣をつければ、体温が上がりやすくなります。

2.運動する

低体温の原因の1つに、筋力の低下が挙げられます。特に運動していないならば、毎日30分ほど歩く習慣をつけましょう。筋力がつくと体温が上がりやすくなり体力もつくのでおすすめです。

3.体を冷やさないファッションや食べ物をチェック

体の冷えは、ファッションや食べ物でも改善できます。

特におなかは、複数の臓器が集中しているので、腹巻きなどで常に温めておきたい部位です。また、生姜湯など体温を上げる飲み物を飲むことで、体温を高く保ちやすくなります。

体温を上げるのは、日々の小さな努力で比較的簡単に行えます。生活スタイルを見直して、できる範囲で体温が上がるような工夫をしてみましょう。

湯船に浸かる時間や運動で汗を流すことは、リフレッシュ効果も期待できるので、時間を作ってぜひ取り組んでみてください。
TOP